プジョー沼津
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
スマートキー電池消耗時のエンジンの始動について
[2018/02/20]
下山.jpg
DSCN1848.JPG
プジョーオーナーの皆様

メンテナンスTipsとして、新型3008、5008にも採用されていますスマートキー電池消耗時のエンジン始動についてご紹介します。

 
 
DSCN1849.JPG
3008、5008にはイモビライザー(盗難防止装置)が装備されています。スマートキー内部には車を識別する装置が内蔵されており、お客様のスマートキーのみ、車側がエンジン始動の許可を出します。


スマートキーは微弱な電波を使用し、スマートキーが車内に存在するかを車側が見ています。


電池消耗時には電波が弱まり、車側がスマートキーを認識しなくなり、エンジンを掛けることができなくなるため、早めの電池交換をお勧めします。
 
DSCN1851.JPG
緊急用にステアリングコラム左側に、くぼみがあります。このキーリーダーにスマートキーを押し当てて、START/STOPスイッチを押して始動します。
 
DSCN1856.JPG
このような状態で、エンジンを始動することができます。


電池交換の際は、プジョー沼津までお問合せください。